京都市西京区桂木ノ下町で医師も推薦する整体を受けるならかつら整骨院へ

京都市西京区桂木ノ下町の整体なら かつら整骨院
かつら整骨院のメール問い合わせはこちら

四十肩、五十肩について

四十歳、五十歳くらいの年齢になった時、急に肩が上がらないくらいの痛みに見舞われて、それが何日も何週間も続くという症状が出ることがあります。それが一般的に四十肩、五十肩と呼ばれるものです。もちろん、年齢が若くてもこうした症状が出ることがあります。両方の肩に出ることはあまりなく、片方の肩に急に痛みが生じるという傾向があります。

こうした症状は昔から見られるもので、江戸時代の医学書にも同じような症状を持つ人がいることが記されています。それだけ、かなり一般的な症状であることが分かります。

なぜ四十肩、五十肩が起きるのか?

実のところ、四十肩、五十肩のはっきりとした原因は分かっていません。

全体的な傾向としては、関節に痛みが見られることから、何らかの原因で関節に炎症が起こることによって四十肩、五十肩が生じるとされています。筋肉の衰えや運動不足などによって肩周りの筋肉が固くこわばってしまい、それが関節に影響を及ぼすことが考えられます。利き手でない方に起こりやすいと思っている人もいますが、統計を取ってみると右手も左手もそれほど変わらない比率で四十肩、五十肩が起きています。そのため、普段どれだけの頻度で腕を使っているかというのに関わりなく四十肩、五十肩が起こると考えられます。

四十肩、五十肩は時に、朝起きたタイミングで生じることもあります。そのため、寝違えのような形で、寝ている時の姿勢が肩の神経や関節を圧迫してしまい、それが四十肩、五十肩をもたらすこともあります。ふとしたことが、肩の痛みをもたらしそれが慢性的な痛みとして続くこともありますので、早期の治療が重要になってきます。

通常は、肩を上げられないほどの痛みが出ても、数日から数週間で収まっていくことがほとんどです。肩の痛みの他には、腕がしびれるような感覚や、腕全体になんとなく違和感があったり重い感じがしたりすることもあります。

四十肩、五十肩を悪化させてしまう原因とは?

四十肩、五十肩の原因は人によって異なりますが、時に急激な運動をしたり重いものを持ったりすることによって、痛みがひどくなることがあります。また、普段しない動きをして肩を無理に伸ばしたり後ろや上に上げたりすることで、関節が痛んでしまうこともあります。

筋肉の衰えが四十肩、五十肩をもたらすことも多いですが、その要因として考えられるのは、常に机に座って同じ姿勢でパソコンに向かっているというワークスタイルです。腕をデスクに付けた状態でいつもいますので、肩を動かすことがほとんどなく、肩周りの筋肉が弱くなってしまうのです。また、同じ姿勢を続けているために、筋肉が固くなってしまい、それが肩の可動域を狭めて痛みを生じさせるという二重の原因となります。

また、ストレスや眼精疲労も四十肩、五十肩を悪化させてしまう原因となります。ストレスはホルモンバランスを崩し、筋肉の状態を悪化させることになります。また、いつもモニターを見るという仕事のスタイルだと目の周りの筋肉が疲労してしまい、それが肩の筋肉にも影響を及ぼすこともあります。

このように、四十肩、五十肩を悪化させる原因は様々なものがありますので、自分に当てはまることがないかどうかをセルフチェックして原因をしっかりと探ることが大事です。

注意!四十肩、五十肩の裏に隠れている病気

四十肩、五十肩は、つらい痛みがあるとはいえ、ほとんどの場合特に重い病気とは言えませんが、時に注意しなければならないケースもあります。

一番恐ろしいのは、心筋梗塞から来る左腕の痛みや違和感、重みといった症状です。心筋梗塞が起こり始めている段階では、その随伴症状としてこうした痛みが生じることがあり、四十肩、五十肩と勘違いすることがあります。

また、頚椎に何らかの異常がある時も四十肩、五十肩のような症状が出ることがあります。

首の骨にゆがみやヘルニアなどの異常があると、それが肩の筋肉や関節に影響して、強い痛みやしびれなどを引き起こすことがあります。レントゲンやMRIなどを撮って正確な原因を突き止めることが重要です。

四十肩、五十肩を和らげる方法、治療法は?

四十肩、五十肩は強い痛みがありますので、初めてこの症状に見舞われるとびっくりしてしまうこともがありますが、基本的にはそれほど重篤な病気ではないのでパニックにならないようにしましょう。

早い段階で整形外科に行って検査をしてもらい、適切な処置をしてもらえば、数週間くらいで自然に治まってきます。

初期の段階では、無理に肩を動かしてストレッチをしようとする衝動を抑えて安静にすることが何より大事です。その後、痛みが治まってきたら、肩をゆっくりと回したり、腕を後ろで組んで上げたりするストレッチをするのが効果的です。

また、肩の冷えが四十肩、五十肩を悪化させることもありますので、肩周辺を常に覆って温かく保つようにしましょう。症状がひどい時は、痛み止めや神経ブロック注射を打つことによって痛みを和らげることもあります。

かつら整骨院 予約の流れ

メールでのお問い合わせについて

メールでのご予約は下記のフォームよりご連絡下さい。

#

お電話でご連絡頂く際は、

「初めてなんですが●日の●時にご予約お願いします」とおっしゃってください。

ご希望時間がない場合は「午前か午後でお願いします」とおっしゃってください。

平日は 16時 が比較的空いております。
土曜日は 13時 が比較的空いております。

■ 注意事項 ■

※フォームがうまく作動しない場合、お手数ではございますが、075-381-7563 まで直接お電話にてご予約いただきますようお願い致します。

■営業の方へ ■

当院の受付時間中は、電話での対応をお断りしております。

ご用の方は問い合わせフォームに内容を明記の上、必要であればこちらから折り返し連絡をさせて頂きます。

 必須  項目はすべてご記入ください。

ご予約希望日時  必須   月  日  時頃
お名前  必須 
例)整骨 太郎
フリガナ  必須 
例)せいこつ たろう
メールアドレス  必須 
例)○○○@docomo.ne.jp
電話番号  必須 
例)01-2345-6789
お問い合わせ内容
送信確認  必須   上記送信内容を確認したらチェックを入れてください

かつら整骨院のメール問い合わせはこちら
#
# #

〒615-8072
京都府京都市西京区桂木ノ下町1−101 キョートALビル 1F

お問い合わせ 075-381-7563

© 桂駅から徒歩3分 かつら整骨院 All Rights Reserved.