京都市西京区桂木ノ下町で医師も推薦する整体を受けるならかつら整骨院へ

京都市西京区桂木ノ下町の整体なら かつら整骨院
かつら整骨院のメール問い合わせはこちら

変形性膝関節症について

変形性膝関節症は日本では比較的ありふれた病気で、平均して700万人ほどの罹患者がいるとされています。

膝に水が溜まり痛みを強く発するという病気で、膝の関節や半月板がすり減ることによって起こります。摩耗が進むと関節が変形してきて、見た目にも膝の関節に異常が見られるということが分かるほどです。水が溜まってくるということと併せて膝が大きく腫れているような見た目になってきます。若い人でも見られますが、特に高齢者に多く加齢によって進みやすい病気とも言えるでしょう。

かなりポピュラーな病気ですので、整形外科などでも変形性膝関節症の治療を積極的に行っていて、痛みを取る有効な治療法が開発されてきています。

なぜ変形性膝関節症が起きるのか?

変形性膝関節症になる原因としては、膝の関節や半月板の摩耗が一番に挙げられます。関節がすり減ると、その周りを支える軟骨などの組織もやはり減ったり変形したりしますので、膝の機能が弱まってしまいます。

膝は人間の全体重を支える部分ですので、負担が大きく自然と関節の摩耗が進みやすいところでもありますが、肥満体質だとよりその負担が大きくなり変形性膝関節症になるリスクが高まります。また、激しい運動を常にしている人も、膝にかかる負担が大きくなりますので、変形性膝関節症になる確率が高いとされています。

女性の場合は、ホルモンバランスの関係で変形性膝関節症になる確率が高いという説もあり、様々な原因が複雑に関係していると言えるでしょう。そのため、変形性膝関節症の発症原因は一つだけではなく、複数の要素が重なって起こると考えた方が良いでしょう。

加齢によって変形性膝関節症の進行や発症率が高まるという傾向が見られます。全体的には、膝が変形してくるという症状を筆頭に、水が溜まりやすくなる、可動域が狭まる、強い痛みがあるという症状が見られます。

変形性膝関節症を悪化させてしまう原因とは?

変形性膝関節症は、膝に大きな負担が定常的にかかることによってひどくなります。そのため、やはり体重が重い人はどうしても変形性膝関節症が悪化しやすいという傾向にあります。さらに、重い荷物をかつぐことが多い仕事をしている人も、膝に大きな負担がかかりますので膝の関節が摩耗するリスクが高まります。

また、O脚の人は上手に体重を分散できないため、膝により荷重がかかることになり、肥満体質でないとしても膝の関節を傷める可能性が高くなります。そのため、痩せているから大丈夫と安心することなく、自分の姿勢が正しいものかどうかをチェックして、もしO脚の傾向があるのであれば、矯正のためのストレッチや運動をして改善するようにしましょう。

変形性膝関節症は、膝に大きな負担がかかることによって起こるものですが、膝が冷えるとその痛みが増すという人が多くいます。筋肉がこわばってしまい、関節を十分に支えることができなくなってしまうからです。そのため、冬の時期などは膝用のサポーターをするなどして、しっかりと保温することがとても大事です。また、夜寝るときに足元が冷えてしまわないようにすることも大事です。

朝や寝ている時に痛みが出るという場合は、寝ている間に足が冷えていることが悪化の原因となっている可能性があります。

注意!変形性膝関節症の裏に隠れている病気

変形性膝関節症は関節がすり減るなどしてクッション機能が弱くなることによって起きます。関節の摩耗は多くの場合、加齢やスポーツ、肥満、悪い姿勢などによって起きますが、何らかの病気が関係していることもありますので注意が必要です。

その一つがリウマチです。リウマチは関節に強い痛みをもたらす病気で関節の変形という形で症状が進行していきます。膝に症状が出ることもありますが、関節であればどこでも症状が現れる可能性がありますので、他の部分にも痛みがある場合はリウマチを疑うことができます。

また、病原菌に感染していることで関節に痛みが生じているケースもあります。その場合は、細菌を取り除かない限り痛みが引くことはありませんし、他の場所に広がることもあります。病院で精密検査をして細菌性のものでないかをしっかりと診てもらうことが必要です。

変形性膝関節症を和らげる方法、治療法は?

変形性膝関節症の痛みはひどいものですので、日常の生活を送るのが難しいケースもあります。そのため、すぐに治療を始めて悪化しないようにすることが肝心です。膝を支える筋肉を付けるために、作業療法をしたり筋力トレーニングをしたりするのが有効です。

また、関節の可動域を広げるためのリハビリをするのも有効です。それに加えて、ヒアルロン酸を始めとする軟骨組織を形成する物質を投与する方法や、薬物療法をすることも一般的です。こうした方法を試しても症状が悪化して痛みがひどいようであれば、外科手術をすることもあります。

整形外科による手術となり、豊富な経験を持つ専門医に手術を依頼するのがベストです。

かつら整骨院 予約の流れ

メールでのお問い合わせについて

メールでのご予約は下記のフォームよりご連絡下さい。

#

お電話でご連絡頂く際は、

「初めてなんですが●日の●時にご予約お願いします」とおっしゃってください。

ご希望時間がない場合は「午前か午後でお願いします」とおっしゃってください。

平日は 16時 が比較的空いております。
土曜日は 13時 が比較的空いております。

■ 注意事項 ■

※フォームがうまく作動しない場合、お手数ではございますが、075-381-7563 まで直接お電話にてご予約いただきますようお願い致します。

■営業の方へ ■

当院の受付時間中は、電話での対応をお断りしております。

ご用の方は問い合わせフォームに内容を明記の上、必要であればこちらから折り返し連絡をさせて頂きます。

 必須  項目はすべてご記入ください。

ご予約希望日時  必須   月  日  時頃
お名前  必須 
例)整骨 太郎
フリガナ  必須 
例)せいこつ たろう
メールアドレス  必須 
例)○○○@docomo.ne.jp
電話番号  必須 
例)01-2345-6789
お問い合わせ内容
送信確認  必須   上記送信内容を確認したらチェックを入れてください

かつら整骨院のメール問い合わせはこちら
#
# #

〒615-8072
京都府京都市西京区桂木ノ下町1−101 キョートALビル 1F

お問い合わせ 075-381-7563

© 桂駅から徒歩3分 かつら整骨院 All Rights Reserved.