京都市西京区桂木ノ下町で医師も推薦する整体を受けるならかつら整骨院へ

京都市西京区桂木ノ下町の整体なら かつら整骨院
かつら整骨院のメール問い合わせはこちら

肩こりについて

現代の生活スタイルは肩こりが起こりやすいため、多くの人が悩まされるようになっています。ちょっとした肩の違和感だけで終わるケースもありますが、肩こりが首の痛みやひどい頭痛、吐き気などをもたらすこともあって、軽い症状で終わらないこともあります。

肩こりは慢性化しやすいため、常に不快感に悩まされるというのはつらいものがあります。そこで、何とかしてその不快な肩こりを解消しようと、様々な対策を講じる人が多いのですが、その場では多少和らぐのですが、またすぐに戻ってしまうというケースも多く見られます。

しっかりと原因を突き止めて、その原因を断つことや、効果的な対処法をとることが、より快適な生活を送るために欠かせないこととなります。

なぜ肩こりが起きるのか?

肩こりは、肩の筋肉がこわばってしまうことによって起こります。肩の筋肉に十分に血液が行かないことや、常に同じ体勢を取っていることで、筋肉がその形に固まってしまうのです。この筋肉のこわばりは慢性化してしまう傾向がありますので、肩こりは単に一時的な症状というよりもは、常に人を悩ませる慢性的な苦しみとなります。

また、肩周辺の筋肉をあまり動かさないということだけでなく、他の部位が原因となって肩こりが生じることも多く見られます。たとえば、眼精疲労が肩こりを引き起こすというケースです。モニターを長時間見続けるといった仕事をしていると、同じ姿勢のままでいるということと共に、目が疲れてしまい、それが肩に影響を及ぼすこともあります。

さらに、腰痛などの体の他の部分が肩に痛みをもたらすことがあります。痛い部分や不自由な部分をかばおうとして、他の部分が無理な動きをしたり余計な力を使うためです。そのため、腰痛を解消させることによってすぐに肩こりも治ったというケースもあります。体はすべての部分が密接に関係しているため、思わぬ原因が肩こりをもたらしていることもあるのです。

寝違いや無理な運動などが肩こりをもたらすこともあります。寝るときの姿勢がおかしいと、やはり肩の筋肉を圧迫してしまったり、十分な血液が行き渡らない原因となってしまったりして痛みを伴う肩こりとなるのです。普段あまりしないのに、肩を動かすスポーツをしたことによって、筋肉痛や関節の炎症などが生じて、やはり痛みを伴う肩こりが起きることもあります。こうした原因による肩こりは、一過性のもので数日経つと痛みも不快感も消えるという特徴があります。

肩こりを悪化させてしまう原因とは?

肩こりを悪化させる原因の多くは、同じ姿勢を長時間続けていることにあります。特にデスクワークをしている人は、若干前かがみになり巻き肩になっています。また、首が前傾しているために重い頭の重量を支えるために肩の筋肉に大きな負担がかかります。このような姿勢をずっと続けていると、当然肩の筋肉が疲労してしまいこわばってくるのです。

また、パソコンの画面を見るという作業は、ドライアイなどを誘発して目の疲れを悪化させます。眼精疲労は肩こりに直結するのものとなりますので、余計に不快感が強くなってしまいます。

気候も肩こりを悪化させる原因となります。寒くなるとその分血管が収縮してしまい、十分な血液を筋肉に届けられなくなってきます。肩は首筋から冷たい空気が入り込みやすいので、気候の変化による影響を受けやすいところです。そのため、寒くなる時期には余計に肩こりがひどくなってしまうことが多いのです。また、夏場でもクーラーの風が背中の上あたりに当たりやすい場所にいると、やはり肩が冷えて筋肉のこわばりがでてきてしまいます。

注意!肩こりの裏に隠れている病気

肩こりはとても日常的な症状ですので、それほど過度の心配をする必要はありません。しかし、いつもとは違うひどい筋肉のこわばりを感じたり、痛みがひどくなっているようであれば、何らかの病気が関係していることもありますので注意が必要です。

たとえば、くも膜下出血の場合、首の後ろから肩にかけて硬直が生じるという症状が出ます。さらに、気管支炎や膵臓炎などの肩の筋肉に近い臓器に障害が出ている時にも、肩に不快感や強いこわばりが出ることもあります。こうしたケースでは、通常の肩こりとは違う、強い不快感を伴う症状であったり、何をしても解消されない慢性的なものだったりします。

肩こりを和らげる方法、治療法は?

肩こりは同じ姿勢を長時間続けることによって悪化しますので、デスクワークをしている人であれば、30分ごと、少なくても1時間ごとにパソコンの前から離れて立ち上がって軽いストレッチをすることは大きな助けとなります。

また、肩を冷やさないようにマフラーのようなものを肩にかける事も肩こりを和らげるのに役立ちます。さらに、老廃物を流しやすくするために、水を多めに飲むように心がけることも肩こり解消法として優れています。

かつら整骨院 予約の流れ

メールでのお問い合わせについて

メールでのご予約は下記のフォームよりご連絡下さい。

#

お電話でご連絡頂く際は、

「初めてなんですが●日の●時にご予約お願いします」とおっしゃってください。

ご希望時間がない場合は「午前か午後でお願いします」とおっしゃってください。

平日は 16時 が比較的空いております。
土曜日は 13時 が比較的空いております。

■ 注意事項 ■

※フォームがうまく作動しない場合、お手数ではございますが、075-381-7563 まで直接お電話にてご予約いただきますようお願い致します。

■営業の方へ ■

当院の受付時間中は、電話での対応をお断りしております。

ご用の方は問い合わせフォームに内容を明記の上、必要であればこちらから折り返し連絡をさせて頂きます。

 必須  項目はすべてご記入ください。

ご予約希望日時  必須   月  日  時頃
お名前  必須 
例)整骨 太郎
フリガナ  必須 
例)せいこつ たろう
メールアドレス  必須 
例)○○○@docomo.ne.jp
電話番号  必須 
例)01-2345-6789
お問い合わせ内容
送信確認  必須   上記送信内容を確認したらチェックを入れてください

かつら整骨院のメール問い合わせはこちら
#
# #

〒615-8072
京都府京都市西京区桂木ノ下町1−101 キョートALビル 1F

お問い合わせ 075-381-7563

© 桂駅から徒歩3分 かつら整骨院 All Rights Reserved.