京都市西京区桂木ノ下町で医師も推薦する整体を受けるならかつら整骨院へ

京都市西京区桂木ノ下町の整体なら かつら整骨院
かつら整骨院のメール問い合わせはこちら

腰痛、ギックリ腰について

よくあるつらい痛みの代表として君臨するのが腰痛とギックリ腰です。

腰はこの字からも分かるように、体の要となる部分で、この部位に痛みや不快感があると、何をするにしてもきついものです。特に急に激痛が走るギックリ腰は、症状が出た瞬間から動けなくなってしまうことも珍しくなく、生活ができないほどの痛みが表れます。

急に痛みが出ますので、重いものを持ったり激しいスポーツをしたりする時だけでなく、なんとなく腰をかがめたり、時にはくしゃみをしたりしただけでギックリ腰が発生することもあって、一度なったことがある人は、再び起こるのではないかと恐怖を抱くことさえあります。

なぜ腰痛、ギックリ腰が起きるのか?

腰痛、ギックリ腰の原因は様々なものがあり、それぞれのケースで異なります。また、はっきりとした原因が分からないものもあり、きちんとした診断を出すのが難しいケースもあります。主な原因としては、筋肉の疲労やいわゆる肉離れが腰回りの筋肉に生じているということが挙げられます。また、腰周辺の捻挫や椎間板ヘルニアなども原因となります。

さらに、筋肉や椎間板などが坐骨神経などの神経に触れることによって、しびれるような痛みを発することもあります。腰痛やギックリ腰は、筋肉に痛みを感じることが多いですが、お尻や太もも、特に足全体がしびれるような症状を表すことがあります。このような場合には、神経に筋肉などが触れてしまっていることが原因となります。

また、腰椎つまり腰の骨が圧迫されてしまい、つぶれているなどのトラブルを抱えているケースもあります。この場合は、突発的に痛みが出るというよりも、慢性的な痛みとなって常に苦しい思いをすることになります。神経に影響を与えることもありますので、電気が流れるような痛みやしびれを感じることもあります。

腰痛、ギックリ腰を悪化させてしまう原因とは?

筋肉や関節、神経などのトラブルによって起こる腰痛、ギックリ腰では、腰に無理な負担がかかることによって悪化することが多く見られます。無理な体勢で重い物を持ち上げたり、長時間運転をしたりするケースです。また、オフィスで何時間も椅子に座って仕事をしている人も、腰に負担がかかりますので、腰痛になりやすいという特徴があります。さらに、体重が増えると腰に余計負担がかかってきますので、より腰痛、ギックリ腰になるリスクが高まります。

他にも冷えという要因が腰痛を悪化させることがあります。筋肉が冷えによってこわばり、血の流れが悪くなりますので、余計に痛みが出やすくなるのです。また、ストレスが腰痛に大きく関係する可能性が高いことも明らかになっています。無理な運動などはっきりとした原因が分からない場合には、ストレスが腰痛をもたらしていることもありますので、心理的な要因が痛みの原因となっている可能性についても考慮すべきです。

注意!腰痛、ギックリ腰の裏に隠れている病気

多くの場合、腰痛、ギックリ腰は腰椎や筋肉、神経などの整形外科的な原因によって起こりますが、時に内科的な原因によって起こることもあります。つまり、腎臓や肝臓、腸などの内臓にトラブルがあるために腰に痛みが生じるのです。内臓を支える筋肉は内臓に何らかの障害が起こると、こわばりや痛みなどが生じることがあります。特に腰に近い腎臓や肝臓などのトラブルの場合は、腰痛となって症状が出ることがありますので注意が必要です。

そして、腫瘍が原因で腰痛が出ることもあります。この場合は、安静にしている時や夜間にも腰痛が続くという特徴がありますので、動いている時と安静にしている時の差を見ることが肝心です。また、何らかの体に負担がかかるような作業をしていなくても、常に強い不快感やおかしなこわばりを持つ腰痛が慢性的に続くという特徴もあります。

もし、通常の腰痛とは異なる症状が長いこと続くようであれば、医師の診察を受けるようにしましょう。通常の整形外科的な腰痛は一か月ほどで収まるのが普通ですが、数か月も痛みが続くようであれば注意が必要です。

腰痛、ギックリ腰を和らげる方法、治療法は?

激しい痛みを持つギックリ腰であれば、まずは整形外科に行くのがベストです。そこでは痛み止めの他、筋肉の硬直を和らげる注射を打つなどして、痛みを緩和させる治療をしてくれます。また、電気をかけたりけん引をしたりして、筋肉と関節を伸ばす治療をしてくれますので、かなり痛みが和らぐはずです。

それほどひどくないものであれば、腰回りを温めたりマッサージを行ったりする方法をとることができます。しかし、腰痛やギックリ腰のタイプによっては、こうした対策が逆に炎症を悪化させることもありますので、慎重に行う必要があります。

また、腰痛は多くの場合、腹筋や背筋、お尻周りの筋肉が弱まっているとひどくなります。そのため、普段からこの周辺の筋肉を鍛える運動をしたり、ストレッチをして柔軟性を高めたりするのは効果的な予防法となります。

かつら整骨院 予約の流れ

メールでのお問い合わせについて

メールでのご予約は下記のフォームよりご連絡下さい。

#

お電話でご連絡頂く際は、

「初めてなんですが●日の●時にご予約お願いします」とおっしゃってください。

ご希望時間がない場合は「午前か午後でお願いします」とおっしゃってください。

平日は 16時 が比較的空いております。
土曜日は 13時 が比較的空いております。

■ 注意事項 ■

※フォームがうまく作動しない場合、お手数ではございますが、075-381-7563 まで直接お電話にてご予約いただきますようお願い致します。

■営業の方へ ■

当院の受付時間中は、電話での対応をお断りしております。

ご用の方は問い合わせフォームに内容を明記の上、必要であればこちらから折り返し連絡をさせて頂きます。

 必須  項目はすべてご記入ください。

ご予約希望日時  必須   月  日  時頃
お名前  必須 
例)整骨 太郎
フリガナ  必須 
例)せいこつ たろう
メールアドレス  必須 
例)○○○@docomo.ne.jp
電話番号  必須 
例)01-2345-6789
お問い合わせ内容
送信確認  必須   上記送信内容を確認したらチェックを入れてください

かつら整骨院のメール問い合わせはこちら
#
# #

〒615-8072
京都府京都市西京区桂木ノ下町1−101 キョートALビル 1F

お問い合わせ 075-381-7563

© 桂駅から徒歩3分 かつら整骨院 All Rights Reserved.