京都市西京区桂木ノ下町で医師も推薦する整体を受けるならかつら整骨院へ

京都市西京区桂木ノ下町の整体なら かつら整骨院
かつら整骨院のメール問い合わせはこちら

坐骨神経痛について

慢性的になりやすく、その痛みが長く続く症状をもたらすものとして坐骨神経痛は、代表的な病気と言えます。

坐骨とはお尻にある骨のことですが、そこから足に向かって走る大きな神経があり、そこに腰椎や筋肉などが触れることによって引き起こされる痛みを指します。神経に触れることによって生じるものですので、お尻から太もも、時には足全体にしびれや重い感覚、電気が走ったような痛みを引き起こします。また、こうした痛みが出ないとしても、筋肉が重いような感じがあり、疼痛もしくは鈍痛がずっと続くこともあります。

さらに、なんとなく足の動きが悪くなり、片方の足がもう片方の足に比べると反応が鈍くなってしまうようなケースもあります。主な部位としてはお尻から足ですが、腰や背中まで痛みが出てくるというケースが見られ、人によっていろいろな症状の出方が見られるのも特徴と言えるでしょう。

なぜ坐骨神経痛が起きるのか?

坐骨神経痛の原因となるのは、主に椎間板ヘルニアや、お尻の筋肉が坐骨神経を圧迫するなどが挙げられます。坐骨神経はとても太い神経ですので、腰回りもしくはお尻周りの骨や筋肉に異常があると、触ってしまうことが多く、特に長時間座った状態でいるデスクワークをする人や、自動車の運転をするドライバーなどが症状を訴えるケースが多く見られます。

肥満傾向の人の場合は腰にかかる負担が大きくなりますので、どうしても椎間板ヘルニアになるリスクが高まり、その結果として坐骨神経痛に移行することもあります。

運動不足などが続き腰の筋肉や、お尻、太ももの筋肉が弱くなってしまうと、神経や骨を支える力が弱くなるため、こうした神経痛が起こるケースもあります。このような場合には、筋力トレーニングをしっかりとすることによって、坐骨神経痛が改善されることも多く見られます。

また、筋肉のこわばりを減らすために、定期的にストレッチをすると良いという人も多いことから、筋肉が硬くなってしまうことも坐骨神経痛の起こる原因と言えるでしょう。

坐骨神経痛を悪化させてしまう原因とは?

坐骨神経痛は慢性的な疾患と言えますが、特に体が冷えていると症状がひどくなるというケースが多く見られます。

筋肉が冷えによって固くなってしまうためで、腰もしくはお尻周りに流れる血液の量が減ってしまい、固くなった筋肉が神経に触れるようになるのです。また、デスクワークを長時間している場合も坐骨神経痛が悪化することが多い傾向にあります。お尻の部分が圧迫された状態で長時間いることになりますので、坐骨神経を圧迫することが多くなりますので、お尻周りの筋肉も動かないので固くなるという悪循環が生じます。

さらに、ストレスが坐骨神経痛が悪化させることもあります。ストレスは筋肉を固くさせる作用がありますが、それが腰回りの筋肉に表れることによって、この坐骨神経痛がひどくなるのです。ストレッチなどの運動をすることによって、こうしたストレスと筋肉のこわばりを減らすことが効果的な方法と言えます。心理的な要因も坐骨神経痛に関わってきますので、こうした点がないかどうかチェックしてみましょう。

注意!坐骨神経痛の裏に隠れている病気

坐骨神経痛は主に椎間板や筋肉の異常によって引き起こされるものですが、時にこの症状の裏に重い病気が隠れていることもあります。

坐骨神経痛と同じような腰痛やお尻から足にかけての痛みがあるもの、実は内臓から来る痛みというケースもあります。腎臓や肝臓、大腸などに起こっている障害が、こうした内臓を支える筋肉にこわばりを生じさせ、坐骨神経痛のような症状を見せることがあるのです。

また、腫瘍ができていることによっても、腰痛などが生じるというケースもあります。こうしたケースでは、腰痛などの症状だけでなく、疲れや食欲不振、黄疸、腹痛などの体の様々な部分に出る症状も見えてきますので、総合的に判断することが重要です。

坐骨神経痛を和らげる方法、治療法は?

痛みがひどくて仕事や日常的な生活が送れないという時は、痛み止めを飲んだり神経ブロック注射をしたりして痛みを緩和する治療法が取られます。

また、椎間板ヘルニアの場合は、進行具合によって外科手術を行うこともあります。しかし、通常はそこまでひどくないケースが多いので、普段からストレッチをしっかりとすることや、できるだけ腰回りを冷やさないようにすることなどを心がけることが重要になります。

腰周辺、またお尻から太ももにかけての筋肉が落ちていると坐骨神経痛になりやすい傾向がありますので、無理をしない程度に筋力を付けるための運動をすることは大きな助けとなります。お尻の筋肉を伸ばすストレッチをすることや、デスクワークをしているのであれば、こまめに休憩を取り姿勢を変えるなどの対策も坐骨神経痛を和らげるものとなります。

かつら整骨院 予約の流れ

メールでのお問い合わせについて

メールでのご予約は下記のフォームよりご連絡下さい。

#

お電話でご連絡頂く際は、

「初めてなんですが●日の●時にご予約お願いします」とおっしゃってください。

ご希望時間がない場合は「午前か午後でお願いします」とおっしゃってください。

平日は 16時 が比較的空いております。
土曜日は 13時 が比較的空いております。

■ 注意事項 ■

※フォームがうまく作動しない場合、お手数ではございますが、075-381-7563 まで直接お電話にてご予約いただきますようお願い致します。

■営業の方へ ■

当院の受付時間中は、電話での対応をお断りしております。

ご用の方は問い合わせフォームに内容を明記の上、必要であればこちらから折り返し連絡をさせて頂きます。

 必須  項目はすべてご記入ください。

ご予約希望日時  必須   月  日  時頃
お名前  必須 
例)整骨 太郎
フリガナ  必須 
例)せいこつ たろう
メールアドレス  必須 
例)○○○@docomo.ne.jp
電話番号  必須 
例)01-2345-6789
お問い合わせ内容
送信確認  必須   上記送信内容を確認したらチェックを入れてください

かつら整骨院のメール問い合わせはこちら
#
# #

〒615-8072
京都府京都市西京区桂木ノ下町1−101 キョートALビル 1F

お問い合わせ 075-381-7563

© 桂駅から徒歩3分 かつら整骨院 All Rights Reserved.